衣類の重さが原因かも?疲れやすい服装について考えてみよう

冬の季節、防寒性に問題は無いけど着用している衣類が重い…そう感じたことはありませんか。
実はこの衣類の重さ、ビジュアル面と体へ負担、共に関係してくる大事な事柄なんです。
ですので、今回は衣類の重さについての考え方や改善案などについて紹介していきます。

●着用する衣類の重さに気をつけよう

コートなどの厚めのアウターは持ってみると分かる通り、衣類といってもそれなりの重さがあります。
これだけでも人によっては着用時に疲れを感じるかもしれません。

それに加えてジーンズといった重めのアイテムを用いたりすると、当然ながらより身体に負荷が掛かることになります。
負荷で生じる症状については次項で紹介していますが、日常的な症状になってしまうこともあるので出来るだけ重さを感じないような
スタイルを心がけねばいけません。

特に冬場の季節などは重ね着をする関係で衣類の重さが増加する傾向にあるので、しっかりこの問題について意識を持っておくべきです。

もし可能ならば身体面だけでなくビジュアル面でも重さを感じさせないような服装を考えておきましょう。
重たそうな見映えは野暮ったさに繋がりやすい傾向があるため、イメージダウンの要因になりやすいです。

●着る衣類の重さによる体の負荷や症状について

肩こり、疲労感、腰痛などはこうした衣類の重さで特に起こりやすい症状と言われています。
ジーンズが0.5kg、コートとバッグがそれぞれ1kg…と考えてみると意外にそれなりの重さを身にまとっていることがわかると思います。
日頃から上記のような症状が表れやすい方は衣類の重さについて一度考えてみると良いかもしれませんね。

こうした衣類の負荷による症状は軽度であればすぐ改善できますが、それが慢性的な物となると
治すのに時間や費用が掛かったりします。
生活の中で頻繁に起こりやすい問題とも言えるので重めのファッションを作りがちな方は
次の項目の内容を頭に入れて対策をしてみては如何でしょうか。

●重たいアイテムを身に着ける前に他のアイテムで代用できるか考える

重たくてもコートなどを着用する理由の殆どは、その防寒性の良さによるものだと思います。
ですので、代わりに寒さ対策が出来る軽めのアイテムを身につければ、こういった重さや身体への負荷の問題を
かなり軽減出来るようになります。
具体的にアイテムを挙げるならば、ヒートテック、スウェットタイプのアンダー、そしてセーターなどの防寒性があるものが
この場合ではオススメです。
アウターを身に着けるならば、コートでも薄めの生地の物を選ぶかジャンパーなどを用いると良いでしょう。

●衣類の重さの問題はどの季節でも関係する

もちろんこの衣類の重さの問題は冬など、寒い季節に限ったことではありません。
夏のハイキングで材質が重めの衣類やシューズを身につけた時、日常の中で金属部分が多い衣類を身に纏った時など
イベントや状況次第でもこの問題は起こりやすいです。
そうした時も、紹介してきたように軽い服装にして体への負担を無くせるかどうか、コーデをしっかり考えておく必要があります。

また、運動などをする時もこの衣類の重さの問題は関係してきます。
特にデニム生地はやや重めでなおかつ動きづらい傾向があるので、体を動かす時や
軽快さを求める時は着用を控えておくのがオススメです。

以上、衣類の重さについての考え方やその改善案についてお伝えしてみました。
紹介した事柄はほんの一例ですが、多少頭に入れておくだけでもこれからのコーデ作りにきっと役立つはずです。
状況に合わせた快適な着こなしを是非行ってみてくださいね。

風邪を引いた時、どんな服装がオススメ?

風邪を引いた時はどんな服装で過ごしたら良いのでしょうか。
各ポイントをまとめてみました。

●基本は汗はけの良い衣類を着用するようにしよう

風邪は水分を多く摂取する関係から汗をかきやすい症状と言えます。
そのため、汗はけの面で優れているアイテムをこの場合着用するのがポイント。
汗を大量にかいた時、衣類の汗はけが悪いと水分がたまり体が冷えてしまうので気をつけなければいけません。
こういったことは些細な事ながら症状の悪化に繋がる可能性があります。

風邪の時に家で過ごしていて、人の目を気にしなくて良いという場合は
快適さを重視した野暮ったい服装でも大丈夫です。もし、寝ている時に汗が溜まっていたならば
手間はかかりますが、拭き取ったり新しく着替えたりしておきましょう。
外出時の格好は風邪とはいえ、人の前に出るのですから野暮ったさやだらし無さが出てしまうのはNGと言えます。
そんな時はコートなどのアウターを上に羽織ったりして見映えを整えておきましょう。

●マスクの選び方も好みによって様々

近年ではマスクはファッションアイテムとしての側面を持っていると呼称されるくらい
日常的なアイテムとして親しまれています。
そのため、風邪を引いた時にもただ市販の使い捨てマスクを付けるのでは無く
一捻りお洒落さを求めてみてみは如何でしょうか。
実用性も大事ですがファッション的な見映えも加味してマスクを選んでおきたい所です。

また、当然ながら人によって鼻の大きさ、口元の広さがそれぞれ違います。
自身の顔に合っているか外で付けていて違和感がないか、付ける際は一度確認してみましょう。
ただ、鼻水がでやすい時は目立たない作りや色合いなど機能性の面で選ぶようにしてください。
鼻水による染み、濡れが自身のイメージを下げてしまうケースも少なからずあります。

風邪を引いた時、マスクは会社、学校、自宅などどの場所でも身につけているアイテムと言えます。
お気に入りの物を事前に選んでおけば外出時での自身の見映えに逐一違和感を感じる事も少なくなるでしょう。
ちなみに近年では白いカラーのマスクだけでなく黒や赤などカラフルな物もありますので
状況によって使い分けてみるのも良いかもしれません。

●ボトムスは重ね着で蒸れやすい部分なので注意

ボトムスは重ね着をすると汗や蒸れが起きやすい傾向にあります。
服装の重たさによる疲労感が生じやすいため出来れば重ね着をしない方が良いです。
しかし、寒さや冷えの関係から、風邪の時に重ね着をしないのはなかなか難しいものがあります。

こういった時にオススメなのは薄手のヒートテックアイテム。
タイツ系の物はしっかり暖かみを付与してくれますので
ズボンの下に一枚着ておくだけでも大分違います。
尚且つ、薄手なので着膨れしたりしません。

また、女性の方は風邪を引いている時はスカート系は出来るだけ控えるようにしてください。
風が足元から入りやすく腰が冷えてしまう恐れがあります。
腰や足というのは寒さによる影響で疲労感や痛みが残りやすい箇所なので
パンツ系の格好にするか、冷やさないように工夫や意識を注ぐ必要があります。

風邪というのはいつ発症するのか、なかなか読み取りにくい症状です。
季節の変わり目になる方もいますし、冬のみならず暑い季節になる方もいらっしゃいます。
気付いた時に風邪の症状が出ているというケースも珍しくありません。

そういった時のために予め風邪の時はどういった服装を取るか決めておくと良いでしょう。
特に仕事が休めない方などは紹介してきたように外行きの服装に風邪対策を盛り込む必要が出てきます。
適切な服装をこの機会に是非思案してみてください。

ファッションの中でムダ毛を目立たせない方法を紹介します。

見せたくないのに洋服の中でついついムダ毛が見えてしまう!こういった悩みを持った経験はありませんか。
たとえ定期的にケアをしていても、ふとしたことでムダ毛が顔をだすことはあまり珍しくありません
そういった時どのようなムダ毛対策をしたら良いのでしょうか、以下にまとめてみました。

ムダ毛対策の一般的な方法として知られているのは主に下記の二つです。

・ムダ毛を抜く方法

抜く方法は毛根まで取り除くため、その後ムダ毛が生えづらくなるメリットがあるのがポイント。
しかし、抜いた後は毛穴の黒ずみが残りやすいのでその点については気をつけなければいけません。
特に人の目が向きやすい部分のムダ毛を抜いてしまい、その毛穴の黒ずみが残ってしまうと、
ムダ毛が生えていなくても目立ってしまう危険性があります。そうなってしまうと場合によっては
専門的なケアを受けなければいけなくなるので、抜く方法を取る場合は良く思案するのがベターです。

また、腋などは汗に伴い雑菌が溜まりやすい部分。
腋毛はこの汗や雑菌が肌に触れるのをいくらか軽減する効果がありますが
抜いて毛穴が露出してしまうと、当然の事ながら汗と共に雑菌がそのまま入りこんでしまう恐れがあります。
ですので、こういった部位のムダ毛を抜くのも注意しなければなりません。

一方、ムダ毛を剃る方法も抜くのと同様にムダ毛処理の対策法として知られています。
サッとカミソリを撫でるだけで簡単に、そしてすぐにムダ毛処理が出来るので、
比較的手軽に行えるのがこの方法の特徴です。
抜く方法と違って痛みがないので若年層でも行いやすいのがまた魅力的と言えるでしょう。

ただ、剃った後は当然のことながら新たにムダ毛が生えてきてしまいます。
そのため、定期的にケアをしなくてはならないのが、多少ネックに感じられるかもしれません。

それぞれ紹介しましたが、この両方のやり方を複合してムダ毛対策をするのが個人的にオススメです。
抜くと目立つ部分は剃り、手間がかかる部分は抜く、というように使い分けるとなお良いでしょう。

●脱色をする

ムダ毛対策は抜く、剃るだけではありません。
ムダ毛を脱色するという方法もあります。

やり方は非常に簡単、市販の脱色剤をただ使うだけです。
そうすることでムダ毛の色素が薄まり産毛のような見た目になります。
これを行えば、脱色をしていない状態よりもかなりムダ毛が目立たなくなるという訳です。

当然の事ながら根本から伸びる部分は地毛の色が出てきますが
剃ったり抜いたりするのに比べると、日持ちも良く手間がかからないのが利点です。

無論、ムダ毛自体はしっかり生えているので、良く目をこらせば見えてしまう可能性があります。
そのため、脱色してもやはりムダ毛を見せない工夫は必要になるかもしれません。
簡単に行えることから、時間が無い方、物ぐさな方向けの方法かもしれませんね。

ちなみにこの場合では扱う脱色剤のアレルギーチェックをしっかり行う事が望ましいです。
アレルギーがあると肌荒れを招いてしまうので事前に判断しておきましょう。

●アンダーを身に着けてムダ毛を見せないようにする

ムダ毛本体に手間をかけたくないと言う方はやはり服装面で工夫することが大事。
軽装時でもムダ毛部分を覆うアンダーを身に着けようにすれば
ファッションの中でそういったポイントが露出することはありません。
この際もし、暑さが気になるのならば、汗はけの良いアンダーを選ぶことで、より快適さが
得られる傾向にあります。

ちなみに、上記は夏や暑い時期のケースですので
冬の季節の場合は蒸れないようなアンダー、
もしくはムダ毛が見えないようにコートなどアウターを着用しておきましょう。

以上ファッションの中でムダ毛を目立たせない方法としていくつかの対策を紹介してみましたが
如何でしたでしょうか。
もちろん、今回紹介したことはほんの一例ですのであくまでも参考という形で頭に入れておいてください。
特に脱色などは自身で責任をもって行いましょう。
今回紹介したことが今後のムダ毛の処理でお役に立てば幸いです。

髪の毛のフケが衣類に付着する現象の対処法!フケが隠せる服装とは?

髪の毛のフケが衣類に付着する現象はどのように防げば良いのでしょうか。
各対策方法を下記にまとめてみましたので参考にしてみてください。

●髪の毛のケアが大前提

まずは、髪の毛のケアをして少しでもフケを出さないことが大事。
いくらファッションを工夫してフケは目立たなくしてもその元根を治さなければ
根本的な解決には至りません。

フケが出る現象には様々な要因があります。
新陳代謝によるもの、シャンプーに含まれている成分によるもの等々。
そういった事柄は確かにフケの原因になりうるものですが、それ以前に髪の毛を良く洗って流すことを
徹底する必要があります。

徹底するとっても、別段気をつけることはありません。
「2回に分けてシャンプーで洗うようにする(一度に一気に洗わない)」 
「シャンプー、もしくはトリートメントが残らないように洗う」
「良く髪の毛を乾かす」
といった事をしっかり行うだけです。
えっ!これだけ!?と感じた方もいらっしゃるとは思いますが、フケが出る人は意外にこれらのことを
しっかり行えてない傾向があります。

特にシャンプやトリートメントの洗い残しはフケが多く出る原因ともされているので
これだけでも徹底しておくと大分効果は違うと思います。

ちなみに洗いすぎは髪の質を落としてしまいますので
あくまでも適度に行ってください。

●それでもフケが出てしまう体質の場合

上記の方法を行っても体質によってはフケが出てしまう方もいるでしょう。
その場合、フケを隠せるファッションを構築するのが望ましいです。
もちろんフケの発生の改善自体はそのまま続けてくださいね。

フケを隠せる服装として挙げられるのは、やはり白色やあっさりした色合いの衣類といった所。
黒い衣類では当然フケが目立ってしまうので、出来る限りその逆の色合いを用いるべきです。
また、色味が強い服もコントラストが際立つ関係でフケが目立ちやすい傾向にあります。

加えて上記の色合いの物に加えてファー要素のあるアウターやコートなどもこのケースでは良いでしょう。
ファーのインパクト性でフケがそこまで目立ちません。
無論、着た後のフケやゴミ取りは忘れずに行っておいてくださいね。

そして頭のフケに目が行かないようにニット帽を被るのもオススメ。
この場合、髪の毛の長い方はまとめたりして出来るだけ露出しないようにするのがポイントです。
ニット帽ならば深く被っても違和感ありませんし、髪の毛もしまいやすいのが嬉しいですね。

ちなみに、神経質になりすぎて髪の毛をブラッシングしたり、手ですいたりしてしまうと
余計フケが出てきてしまう可能性があるので要注意。
そういったことが癖になっている人は出来るだけ控えましょう。

髪の毛を明るい色に染めたりする方法も有効といえば有効なのですが
フケ対策のためだけに染めるのは手間や好みの関係もあるためあまりオススメは出来ません。

●フケの取り方はどうするべき?

フケが付着した後の取り方ですが基本的には専用ブラシで落としたり、はたいたりするのが
望ましいです。ゴミ取りのようにガムテープで行う人もいますが
衣類専用のテープでない限りは、衣類を傷つけてしまう可能性があるのでやめておいたほうが無難です。

また、フケが付いた服をそのまま洗う方がいますが、他の衣類にもフケが付着してしまうことが考えられるので
こちらも可能ならば控えてください。

以上、髪の毛のフケが衣類に付着する現象が起きた際のケアや対策について述べてみました。
他にも様々な方法がありますので、あくまでも多数の中での1つの方法として捉えて頂ければ、幸いです。

ただ、やはりフケ自体をしっかり解消した方がビジュアル面での不安やストレスを感じることが少なくなると言えるので
現在フケが出る悩みを持っている方はシャンプーやトリートメントを変えてみたりして改善してみては如何でしょうか。

衣類に髪の毛がついてしまう現象、どう対策したら良い?

洋服を着ようとしたら、または脱ごうとしたら髪の毛が洋服に沢山ついていた、という現象
多くの方が経験したことがあると思います。
こういった事が起きると再度着るためには付着した髪の毛を取り除かなくてはいけなくなり、
当然手間も増えます。
この洋服に髪の毛が付く現象、一体どのように対処するのが望ましいのでしょうか。
今回はおすすめの対策法を各項目で紹介していきます。

●基本的には洗う前、洗った後に分けてしっかりケアをする

市販のゴミ取りグッズなどを使って髪の毛を取るのも良いですがそれを行うにしても
洗濯前、洗濯後に分けて髪の毛を取り除いたりケアをするのが望ましいです。
2回に分けて取ることでいつも髪の毛が衣類に付着している、という方はどこで付いてしまうのかが把握できますし
今後の改善案も考えやすくなります。

もし洗濯後に多く髪の毛が付着しているのならば他の衣類の影響や洗濯機自体が原因である可能性が高いです。
その場合は洗濯機の清掃や洗濯ネットに入れて洗うなどの対策をしてみてください。

特に洗濯機自体の汚れやゴミは他の衣類にも影響する可能性があるので、
この機会に定期的なケアを心がけても良いかもしれませんね。

●髪の毛を衣類に付けないために、どこで付着しやすいのかを考えよう

着てから脱ぐまでの間に髪の毛が付いてしまうという方は、どこで、どんな時に髪の毛が付着してしまうのかを考えることが大切です。
髪の毛が長い方ならば抜けてしまって付着するケースも考えられますが、それでも基本的に抜け毛だけでは
そこまでの量を付着してしまうことはありません。

ちなみに髪の毛が付きやすい場所として挙げられることが多いのは
自室の床やエレベーターなどの狭い場所の壁、電車内です。
前者の自室やエレベーターのケースでは髪の毛が壁についたりしていて、よっかかっている内に
付着してしまう事が考えられますし、後者は満員電車などで
不特定多数の人の髪の毛が自身の衣類と接触してしまう現象が多く見られます。

そのため、自らの抜け毛以外の要素で髪の毛が衣類に付着してしまう現象を防ぐためには
物や人との接触を避けることが望ましいです。
満員電車のように日常の習慣として接触しているケースもありますので、しっかりそれらの事も意識して
生活を送るようにするのが改善の一歩と言えます。

もちろん、回避手段が取れずにやむなく人や物に接触するケースも中にはあると思います。
そんな時には、髪の毛やゴミが付きにくい衣類や洗いやすい衣類を着用するようにしましょう。
毛皮など柔らかく繊細な生地の物は付着物が付きやすいですが、固めでしっかりした生地質の物は
付着物が付きにくく落としやすいです。

●困った時や時間がない時は迷わずクリーニングへ

衣類に髪の毛やゴミがびっしり付いてしまって、なおかつ毛皮だから除去するのが大変!という時もあるかと思います。
こうなった際、取り除く手間を考えて着用をあきらめてしまったり、そのまま衣類を処分してしまったりしてはいませんか。

付着している髪の毛やゴミを取り除くのが難しい時やその手間をかける時間が無い時は
衣類の専門である各クリーニング屋さんに持ち込みに行くのがやはり望ましいです。

わざわざお金を払ってまで…と思う方もいるかもしれませんが、あまりに多くの付着物が付いた時は
そうした状態をリセットする意味でも専門業者に任せるのが無難と言えます。

以上、衣類に付着する髪の毛の問題、そしてその対策法について述べてみました。
近年では専用の対策グッズなども販売していますのでそれらを使って対策してみると
より快適に過ごせるはずです。