衣類に髪の毛がついてしまう現象、どう対策したら良い?

洋服を着ようとしたら、または脱ごうとしたら髪の毛が洋服に沢山ついていた、という現象
多くの方が経験したことがあると思います。
こういった事が起きると再度着るためには付着した髪の毛を取り除かなくてはいけなくなり、
当然手間も増えます。
この洋服に髪の毛が付く現象、一体どのように対処するのが望ましいのでしょうか。
今回はおすすめの対策法を各項目で紹介していきます。

●基本的には洗う前、洗った後に分けてしっかりケアをする

市販のゴミ取りグッズなどを使って髪の毛を取るのも良いですがそれを行うにしても
洗濯前、洗濯後に分けて髪の毛を取り除いたりケアをするのが望ましいです。
2回に分けて取ることでいつも髪の毛が衣類に付着している、という方はどこで付いてしまうのかが把握できますし
今後の改善案も考えやすくなります。

もし洗濯後に多く髪の毛が付着しているのならば他の衣類の影響や洗濯機自体が原因である可能性が高いです。
その場合は洗濯機の清掃や洗濯ネットに入れて洗うなどの対策をしてみてください。

特に洗濯機自体の汚れやゴミは他の衣類にも影響する可能性があるので、
この機会に定期的なケアを心がけても良いかもしれませんね。

●髪の毛を衣類に付けないために、どこで付着しやすいのかを考えよう

着てから脱ぐまでの間に髪の毛が付いてしまうという方は、どこで、どんな時に髪の毛が付着してしまうのかを考えることが大切です。
髪の毛が長い方ならば抜けてしまって付着するケースも考えられますが、それでも基本的に抜け毛だけでは
そこまでの量を付着してしまうことはありません。

ちなみに髪の毛が付きやすい場所として挙げられることが多いのは
自室の床やエレベーターなどの狭い場所の壁、電車内です。
前者の自室やエレベーターのケースでは髪の毛が壁についたりしていて、よっかかっている内に
付着してしまう事が考えられますし、後者は満員電車などで
不特定多数の人の髪の毛が自身の衣類と接触してしまう現象が多く見られます。

そのため、自らの抜け毛以外の要素で髪の毛が衣類に付着してしまう現象を防ぐためには
物や人との接触を避けることが望ましいです。
満員電車のように日常の習慣として接触しているケースもありますので、しっかりそれらの事も意識して
生活を送るようにするのが改善の一歩と言えます。

もちろん、回避手段が取れずにやむなく人や物に接触するケースも中にはあると思います。
そんな時には、髪の毛やゴミが付きにくい衣類や洗いやすい衣類を着用するようにしましょう。
毛皮など柔らかく繊細な生地の物は付着物が付きやすいですが、固めでしっかりした生地質の物は
付着物が付きにくく落としやすいです。

●困った時や時間がない時は迷わずクリーニングへ

衣類に髪の毛やゴミがびっしり付いてしまって、なおかつ毛皮だから除去するのが大変!という時もあるかと思います。
こうなった際、取り除く手間を考えて着用をあきらめてしまったり、そのまま衣類を処分してしまったりしてはいませんか。

付着している髪の毛やゴミを取り除くのが難しい時やその手間をかける時間が無い時は
衣類の専門である各クリーニング屋さんに持ち込みに行くのがやはり望ましいです。

わざわざお金を払ってまで…と思う方もいるかもしれませんが、あまりに多くの付着物が付いた時は
そうした状態をリセットする意味でも専門業者に任せるのが無難と言えます。

以上、衣類に付着する髪の毛の問題、そしてその対策法について述べてみました。
近年では専用の対策グッズなども販売していますのでそれらを使って対策してみると
より快適に過ごせるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です