髪の毛のフケが衣類に付着する現象の対処法!フケが隠せる服装とは?

髪の毛のフケが衣類に付着する現象はどのように防げば良いのでしょうか。
各対策方法を下記にまとめてみましたので参考にしてみてください。

●髪の毛のケアが大前提

まずは、髪の毛のケアをして少しでもフケを出さないことが大事。
いくらファッションを工夫してフケは目立たなくしてもその元根を治さなければ
根本的な解決には至りません。

フケが出る現象には様々な要因があります。
新陳代謝によるもの、シャンプーに含まれている成分によるもの等々。
そういった事柄は確かにフケの原因になりうるものですが、それ以前に髪の毛を良く洗って流すことを
徹底する必要があります。

徹底するとっても、別段気をつけることはありません。
「2回に分けてシャンプーで洗うようにする(一度に一気に洗わない)」 
「シャンプー、もしくはトリートメントが残らないように洗う」
「良く髪の毛を乾かす」
といった事をしっかり行うだけです。
えっ!これだけ!?と感じた方もいらっしゃるとは思いますが、フケが出る人は意外にこれらのことを
しっかり行えてない傾向があります。

特にシャンプやトリートメントの洗い残しはフケが多く出る原因ともされているので
これだけでも徹底しておくと大分効果は違うと思います。

ちなみに洗いすぎは髪の質を落としてしまいますので
あくまでも適度に行ってください。

●それでもフケが出てしまう体質の場合

上記の方法を行っても体質によってはフケが出てしまう方もいるでしょう。
その場合、フケを隠せるファッションを構築するのが望ましいです。
もちろんフケの発生の改善自体はそのまま続けてくださいね。

フケを隠せる服装として挙げられるのは、やはり白色やあっさりした色合いの衣類といった所。
黒い衣類では当然フケが目立ってしまうので、出来る限りその逆の色合いを用いるべきです。
また、色味が強い服もコントラストが際立つ関係でフケが目立ちやすい傾向にあります。

加えて上記の色合いの物に加えてファー要素のあるアウターやコートなどもこのケースでは良いでしょう。
ファーのインパクト性でフケがそこまで目立ちません。
無論、着た後のフケやゴミ取りは忘れずに行っておいてくださいね。

そして頭のフケに目が行かないようにニット帽を被るのもオススメ。
この場合、髪の毛の長い方はまとめたりして出来るだけ露出しないようにするのがポイントです。
ニット帽ならば深く被っても違和感ありませんし、髪の毛もしまいやすいのが嬉しいですね。

ちなみに、神経質になりすぎて髪の毛をブラッシングしたり、手ですいたりしてしまうと
余計フケが出てきてしまう可能性があるので要注意。
そういったことが癖になっている人は出来るだけ控えましょう。

髪の毛を明るい色に染めたりする方法も有効といえば有効なのですが
フケ対策のためだけに染めるのは手間や好みの関係もあるためあまりオススメは出来ません。

●フケの取り方はどうするべき?

フケが付着した後の取り方ですが基本的には専用ブラシで落としたり、はたいたりするのが
望ましいです。ゴミ取りのようにガムテープで行う人もいますが
衣類専用のテープでない限りは、衣類を傷つけてしまう可能性があるのでやめておいたほうが無難です。

また、フケが付いた服をそのまま洗う方がいますが、他の衣類にもフケが付着してしまうことが考えられるので
こちらも可能ならば控えてください。

以上、髪の毛のフケが衣類に付着する現象が起きた際のケアや対策について述べてみました。
他にも様々な方法がありますので、あくまでも多数の中での1つの方法として捉えて頂ければ、幸いです。

ただ、やはりフケ自体をしっかり解消した方がビジュアル面での不安やストレスを感じることが少なくなると言えるので
現在フケが出る悩みを持っている方はシャンプーやトリートメントを変えてみたりして改善してみては如何でしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です