ファッションの中でムダ毛を目立たせない方法を紹介します。

見せたくないのに洋服の中でついついムダ毛が見えてしまう!こういった悩みを持った経験はありませんか。
たとえ定期的にケアをしていても、ふとしたことでムダ毛が顔をだすことはあまり珍しくありません
そういった時どのようなムダ毛対策をしたら良いのでしょうか、以下にまとめてみました。

ムダ毛対策の一般的な方法として知られているのは主に下記の二つです。

・ムダ毛を抜く方法

抜く方法は毛根まで取り除くため、その後ムダ毛が生えづらくなるメリットがあるのがポイント。
しかし、抜いた後は毛穴の黒ずみが残りやすいのでその点については気をつけなければいけません。
特に人の目が向きやすい部分のムダ毛を抜いてしまい、その毛穴の黒ずみが残ってしまうと、
ムダ毛が生えていなくても目立ってしまう危険性があります。そうなってしまうと場合によっては
専門的なケアを受けなければいけなくなるので、抜く方法を取る場合は良く思案するのがベターです。

また、腋などは汗に伴い雑菌が溜まりやすい部分。
腋毛はこの汗や雑菌が肌に触れるのをいくらか軽減する効果がありますが
抜いて毛穴が露出してしまうと、当然の事ながら汗と共に雑菌がそのまま入りこんでしまう恐れがあります。
ですので、こういった部位のムダ毛を抜くのも注意しなければなりません。

一方、ムダ毛を剃る方法も抜くのと同様にムダ毛処理の対策法として知られています。
サッとカミソリを撫でるだけで簡単に、そしてすぐにムダ毛処理が出来るので、
比較的手軽に行えるのがこの方法の特徴です。
抜く方法と違って痛みがないので若年層でも行いやすいのがまた魅力的と言えるでしょう。

ただ、剃った後は当然のことながら新たにムダ毛が生えてきてしまいます。
そのため、定期的にケアをしなくてはならないのが、多少ネックに感じられるかもしれません。

それぞれ紹介しましたが、この両方のやり方を複合してムダ毛対策をするのが個人的にオススメです。
抜くと目立つ部分は剃り、手間がかかる部分は抜く、というように使い分けるとなお良いでしょう。

●脱色をする

ムダ毛対策は抜く、剃るだけではありません。
ムダ毛を脱色するという方法もあります。

やり方は非常に簡単、市販の脱色剤をただ使うだけです。
そうすることでムダ毛の色素が薄まり産毛のような見た目になります。
これを行えば、脱色をしていない状態よりもかなりムダ毛が目立たなくなるという訳です。

当然の事ながら根本から伸びる部分は地毛の色が出てきますが
剃ったり抜いたりするのに比べると、日持ちも良く手間がかからないのが利点です。

無論、ムダ毛自体はしっかり生えているので、良く目をこらせば見えてしまう可能性があります。
そのため、脱色してもやはりムダ毛を見せない工夫は必要になるかもしれません。
簡単に行えることから、時間が無い方、物ぐさな方向けの方法かもしれませんね。

ちなみにこの場合では扱う脱色剤のアレルギーチェックをしっかり行う事が望ましいです。
アレルギーがあると肌荒れを招いてしまうので事前に判断しておきましょう。

●アンダーを身に着けてムダ毛を見せないようにする

ムダ毛本体に手間をかけたくないと言う方はやはり服装面で工夫することが大事。
軽装時でもムダ毛部分を覆うアンダーを身に着けようにすれば
ファッションの中でそういったポイントが露出することはありません。
この際もし、暑さが気になるのならば、汗はけの良いアンダーを選ぶことで、より快適さが
得られる傾向にあります。

ちなみに、上記は夏や暑い時期のケースですので
冬の季節の場合は蒸れないようなアンダー、
もしくはムダ毛が見えないようにコートなどアウターを着用しておきましょう。

以上ファッションの中でムダ毛を目立たせない方法としていくつかの対策を紹介してみましたが
如何でしたでしょうか。
もちろん、今回紹介したことはほんの一例ですのであくまでも参考という形で頭に入れておいてください。
特に脱色などは自身で責任をもって行いましょう。
今回紹介したことが今後のムダ毛の処理でお役に立てば幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です